RSS

Summer Pockets(サマーポケッツ)|Key 空門 蒼ルート 感想 

カテゴリ:ゲーム

Summer Pockets|Key

Summer Pockets

■ストーリー


亡くなった祖母の遺品整理のために夏休みを利用して、
白鳥島にやってきた主人公の鷹原羽依里。
祖母の思い出の品の片付けを手伝いながら、

初めて触れる「島の生活」に戸惑いつつも、順応していく。

海を見つめる少女と出会った。

不思議な蝶を探す少女と出会った。

思い出と海賊船を探す少女と出会った。


島で新しい仲間が出来た──

この夏休みが終わらなければいいのにと、そう思った。

眩しさだけは、忘れなかった

概要


2018年6月29日発売、Keyの最新作『Summer Pockets』
その作品のヒロインの一人、『不思議な蝶を探す少女』であるところの、
空門 蒼ルートの個別感想記事となります。

当記事では空門 蒼ルートのネタバレを含んでおりますので、まだ未プレイの方はご注意ください。


感想


まず、私が最初に攻略したのは脳内がちょっぴり(?)ピンクなヒロインの蒼ちゃん。
本当は最初に攻略する予定だったのは紬ちゃんだったのですが、主人公である羽依里との掛け合いを見て、
この子ノリがめっちゃ面白くて好きっ! ってなったので記念すべき最初のヒロインは蒼ちゃんです。

率直な感想を言わせてもらえば、このルートは最初に攻略してよかったなあ、と個人的に思っています。
サマーポケッツのストーリーの根幹に関わっているという意味では後半に回した方がいいかなとは思いますが。
だとしても、そこまで重要なネタバレ的なものはないので個人的には蒼ちゃんは最初でよかった。

さて、『不思議な蝶を探す少女』な蒼ちゃんは、
最初から最後まで元気がよくて非常に面白いというのが素直な感想ですかね。
何気に辛い過去を背負っているにも関わらず、ちょっとチョロバカな感じがいい。

さて、肝心の内容ですが……
ぶっちゃけて言えば、何か物足りない。
他ルートに比べてしまうと、本当に何かが足りない。

蝶を探す理由が目覚めなくなった双子の姉を目覚めさせるため。
というもの。これ自体は普通にいいのですが……
その蝶を探し、双子の姉を目覚めさせるには記憶だけとなった姉の蝶を探す。
そして、蝶に触れる度に他の記憶が混ざり合うことで彼女もまた姉と同じような現象に近づいていくというもの。

もうこうなれば後の展開は容易に想像ができますね?
そう、蒼もまた双子の姉である藍と同じように眠りについてしまう。
片方を目覚めさせれば、もう片方が眠ってしまう。という何ともよくありがちな。
いや、ありがちな展開がダメってわけじゃないんですけど、もうちょいなかったのかなって。

もう少しだけ意表を突いた展開がほしかった。
そんな感じです。

そして、これは私だけかなって思いますが……
エピローグで蒼が目を覚ますんですけど……
これ、目を覚まさないで主人公が話しかけ続けるっていう終わりがよかったなあって。

まあ、これはあくまでも他ルートと比べた際の感想。
綺麗にまとまってたと思うし、そこまで悪いとまでは言わない。
けど、物足りないってのもまた事実。そんな感じのルートでした。

■購入


Summer Pockets 初回限定版
KEY (2018-06-29)
売り上げランキング: 2


■リンク


公式サイト:http://key.visualarts.gr.jp/summer/
関連記事


関連タグ:美少女ゲーム ギャルゲー Key サマーポケッツ Summer_Pockets 感想

テーマ : 美少女ゲーム ジャンル : ゲーム

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)