RSS

フユウソ - Snow World End -|Campus 感想 

カテゴリ:エロゲ

フユウソ - Snow World End -

フユウソ - Snow World End -


──この嘘を、終わらせましょう、共に

Campusより発売の「フユウソ - Snow World End -
発売日は2017年7月28日

ウソシリーズとは?


本作、「アキウソ - The only neat thing to do -」は「ウソシリーズ」の最終章。
ウソシリーズは「ハルウソ」、「ナツウソ」、「アキウソ」、「フユウソ」の四作品で構成されるシリーズ。
世界観から登場人物まで全て共通していますが、各作品ごとに攻略できるヒロインが異なります。

本作「フユウソ - Snow World End -」は冬編のヒロインである帝堂雪華に焦点を当てたストーリー。
そして、主人公は「声を聞くことによって、その人がウソをついているか分かる」といった特殊能力を持っている。
なので、、ヒロインたちがウソをついている場合には、『ウソの部分が赤文字で表示される』といったシステムが実装されています。
そのため、エッチシーンにおいてもヒロインの感情を余すことなく堪能することができます。

ウソシリーズは基本的に独立したストーリーであり、どの作品からプレイしても問題はない。
ということになっているが、個人的に言わせてもらえば……ハルウソから順番にプレイすることをオススメします。
そして、フユウソは最終章に相応しい内容となっているため、プレイする前に「ハルウソ」、「ナツウソ」、「アキウソ」のプレイを推奨します。

ハルウソの感想はこちら
ナツウソの感想はこちら
アキウソの感想はこちら
フユウソの感想はこちら

ストーリー


春には、新たな出会いと共に新入部員を迎え──
夏には、生徒会と共に麻保志祭の準備に追われ──
秋には、長年の相棒の出自に纏わる騒動に巻き込まれて──

──そして初雪が観測されたある日。
宗一郎は、一人の少女を呼び出した。

ずっと、苦手だと思っていた。
ずっと、互いの道は交わらないと思っていた。
ずっと、手を伸ばしたらいけないと思っていた。
でも──自分のホントウノキモチは裏切れないから。

「好きです――帝堂先輩。 俺と付き合ってください」

誰よりも、嘘セカイを××する少年と誰よりも、嘘セカイを××する少女との嘘の終焉を告げる物語──開演。

フユウソの感想


嘘を憎悪する少女と、嘘を許容する少年。
まさにウソシリーズを締めくくるに相応しい最終章となっている作品。
春、夏、秋──そして、冬。物語は佳境を迎え、真実と向かう時が来た。

まず、これまで謎に包まれていた雪華は主人公の宗一郎と同じで、
レッドラインを保有するレッドラインホルダーなのでした。
結構前から予想していたことだったので、驚きは少なかった。
まあ、そうだろうなって。あとスポークの妹であるプレースのことも察してたしね。
……だって、生徒会室にペンギンのぬいぐるみが意味ありげに置かれてたらねえ?

それはともかくとして、雪華の存在が主人公とは真逆の存在ってのは面白いですね。
もしも、彼の父親の言葉が嘘だった場合。もしも、エリスという相棒がいなかった場合。
もしも、もしも──そのもしもが重なった場合の姿が雪華ってことになりますよね。
まあ、可能性ってだけで本当に宗一郎が嘘を憎悪していたかは不明ですが。

概ね満足で、ウソシリーズの最終章として満足しているんですが、
一つだけ不満点、というかウソシリーズ全体に言えることを言わせていただくと……
分岐ルートのお話がほしかった。

最終的に雪華は宗一郎とセカイを天秤にかけられ、セカイを捨てるわけですが……
もしも、彼女がセカイを取った場合のルートがあってもいいと思うんですよね。
いやまあ、この作品が最終的にはハッピーエンドな作品で、そんな重苦しい作品ではないってのは重々承知しているんですけどね……それでも、と望んでしまうのは性格が歪んでいるのかな?

フユウソ 嘘のない世界を諦めて、俺を取るか
フユウソ 俺を諦めて、嘘のない世界を取るか

どちらにせよ、究極の選択と言えるでしょうね。

あと、どうでもいいけど魔法使いがキャラとして一度は登場してほしかったな。
ヒロイン? ではないんだろうけど……それでも、見てみたかった。もしかしたら人気投票にも影響出てしまうかもしれないね!
チョイ出し程度してほしかったね。

フユウソ 本編エンディング


総評


これまでに比べて、主人公の能力「レッドライン」に焦点が当てられていて、非常によかった。
本音はもっと魔法関係が出てきてもよかったな、と思う。

最初的に重い女化してる雪華が可愛いなって。
そんな中で平常運転な桜月がこれまた面白い。
ラスボスがメインヒロイン化するって展開は結構良いものですね。

これまでの積み重ねがあるからこそ、和泉ちゃんが可愛くて仕方がない……
何だろう。負けヒロインだからこそ輝く子っていると思うんですよね。
たぶん、そんな感じかな。

全体的にとてもコンパクトで、とてもロープライスの抜きゲーだってことを忘れるような内容でした。
内容的にミドルプライスくらいはあっても売れそうなほどに。

なので、ウソシリーズを皆さんもぜひプレイしてみてください。
今ならフルウソがありますので、そちらが非常にお買い得となっております。

フユウソ アフターストーリーエンディング


購入リンク


フユウソ
Amazon
DMM
フルウソ
Amazon
DMM
関連記事


関連タグ:エロゲ 感想 フユウソ Campus フルウソ ウソシリーズ

テーマ : 美少女ゲーム ジャンル : ゲーム

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)