RSS

ハルウソ - Passing Memories -|Campus 感想 

カテゴリ:エロゲ

ハルウソ-Passing Memories-

ハルウソ-Passing Memories-


それは、自分を守るための嘘──

Campusより発売の「ハルウソ-Passing Memories-
発売日は2015年11月27日

ウソシリーズとは?


本作、「ハルウソ-Passing Memories-」は「ウソシリーズ」の一つ。
ウソシリーズは「ハルウソ」、「ナツウソ」、「アキウソ」、「フユウソ」の四作品で構成されるシリーズ。
世界観から登場人物は全て共通していますが、各作品ごとに攻略できるヒロインが異なります。

本作「ハルウソ-Passing Memories-」は春編のヒロインである姫野桜月が攻略対象キャラクター。
そして、主人公は「声を聞くことによって、その人がウソをついているか分かる」といった特殊能力を持っています。
なので、、ヒロインたちがウソをついている場合には、『ウソの部分が赤文字で表示される』といったシステムが実装されています。
そのため、エッチシーンにおいてもヒロインの感情を余すことなく堪能することができるのです。

ハルウソの感想はこちら
ナツウソの感想はこちら
アキウソの感想はこちら
フユウソの感想はこちら

ストーリー


──春。 出会いと別れが共存する、巡り合いの季節。
宗一郎は『学園一の美少女』ともてはやされる少女・姫野桜月に呼び出される。

美女と野獣、そう評されてもおかしくない二人の立ち位置。
自分とは住む世界が違う。 そんな風に宗一郎は思っていた。

――だけど。
緊張した面持ちのまま、桜月は自らの想いを告げる。

「好きです。 あなたのことが……好きです」

“学園一の問題児”と“学園一の美少女”が織り成す、すれ違った恋模様──開幕。

ハルウソの感想


目指せ! コスパ最強のエロゲ!
ロープライスゲー(低価格ゲー)としてはあり得ないほどのシナリオボリューム、
豊富なグラフィックス……そして、魅力的なヒロインとの大ボリュームのエッチシーン!

ということで、プレイしてみたのですが……
めっちゃ満足です! ヒロインとのエッチシーンも多いのは当然として、
本編でのストーリー展開をおざなりにしていないのはポイントが高いです!
ヒロインの嘘がわかるというシステムでしたが、これがなかなかに素晴らしい。

まず、今作「ハルウソ」のメインヒロインである桜月はたくさん嘘をつきます。
ですが、そんなことは主人公にはお見通し。それがわかった上での絡みは非常に新鮮な感じ。

メインヒロインの他にも魅力的なヒロインが存在していて、
その子たちの嘘も見抜いていき、ツンツンしているキャラの嘘がわかるってのはニヤニヤしてしまいます。
こんな楽しみ方があったんだなあ……って。

ハルウソ 「全く嬉しくないんですけど」と嘘をつく和泉ちゃん
ハルウソ 「嫌いです、大っ嫌いです」と心にもないことを言う和泉ちゃん
ハルウソ 「べ、別にわたしは先輩のことなんて気にしてませんから!」と気にしまくってる和泉ちゃん

……かわいい。ツンツンなキャラが素直キャラみたいな感じになってるのがかわいい。
とても、かわいい。和泉ちゃんかわいいなあ! 

おっと、これはハルウソのお話でした。
メインヒロインは桜月ですからね。彼女の話をしないとね……
まあ、和泉ちゃんの感想はナツウソまでお待ちください。

さて、本作のメインヒロインである桜月の話をしましょう。
彼女は学園一の美少女であり、ミスコン四連覇という前人未到のヒロイン。
そんなヒロインが、ウソを見抜く力を持つ主人公に告白したことで物語は始まる。

外面は完璧な学園のアイドルと言っても過言ではない少女ですが、
その外面は嘘で塗り固められていたのです。
何故か最初から主人公のことを知っていて、どういう理由か好意を主人公に対して持っている。
これを「エロゲ主人公だから仕方ない」って理由で済ませてしまうのは非常に簡単なことだけど、
……うん。ていうかエロゲ主人公って時点で無条件に好意を寄せられていたとしても不思議ではないよね。

その秘密は、主人公と桜月が本編で出会う前。
3月に起きた依頼がキッカケでした。その結果、主人公は桜月に関する記憶を失ってしまったのです。
その依頼とは──

ハルウソ 依頼内容:気になる人がいるので、その想いが恋か憧れなのかを確かめて欲しい

気になる人がいるので、その想いが恋か憧れなのか確かめて欲しい
というものでした。その対価が桜月に関する記憶の喪失に繋がるわけです。
実は桜月の主人公に対する想いを確かめたい、というものでしたが……
本当の想いを隠していたため、そんな感じになってしまった。

それを強引な形で主人公は取り戻すことに。
「その記憶を取り戻す」という依頼を書き綴り、代価の所有MPの全てを払うことで記憶を取り戻す。

そして、晴れて主人公と桜月は結ばれることとなるのでした。

ハルウソ 本編エンディング

総評


非常に充実した作品でした。エッチシーンもとても多く、話もサクサクと読み進められ、
そして、何よりも短時間でプレイし終えることができるのはロープライスの強みでもあると思います。
時間がないって人にもオススメできる作品ですね。まあ、じっくりとプレイしたいって人には短いかもだけど。
だとしても、プレイする価値は十分にあります! 

不満点があるとすれば、それはシーンジャンプ機能が機能していないことです。
システムとしては存在しているのですが、バックログからジャンプしようとすると動作が停止。
もしかしたら、おま環かもしれませんが(調べてもあんまり出てこなかった)

あっ、人によっては注目のエッチシーン数ですが……
全部で13シーン(アフターストーリーを含める)でした。
こりゃあ、すげーや! ウソシリーズがフルプライス相当だと考えれば、
全部で52シーン以上もあるってことになりますよ。これってかなりお得なのでは?

アフターストーリーはエッチシーンしかないのかな? って思っていたら、
意外や意外にボリュームがあってビビリました。
付き合ってからの展開が描かれていたので、これはいいですね。


というわけで、ハルウソはエロゲ初心者や時間のない多忙な人にもオススメできる作品です。

購入リンク


ハルウソ
Amazon
DMM
フルウソ
Amazon
DMM
関連記事


関連タグ:エロゲ 感想 ハルウソ Campus フルウソ ウソシリーズ

テーマ : 美少女ゲーム ジャンル : ゲーム

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)