RSS

サークルクラッシャーのあの娘、ぼくが既読スルー決めたらどんな顔するだろう 感想 

カテゴリ:ライトノベル感想

サークルクラッシャーのあの娘、ぼくが既読スルー決めたらどんな顔するだろう (角川スニーカー文庫)
サークルクラッシャーのあの娘、ぼくが既読スルー決めたらどんな顔するだろう

[男4人女1人の旅団(サークル)]+[サークルクラッシャー1人]=!?

“巌窟王(ダンジョンマスター)”によって隠された莫大な財宝・七氏族軍資を横取りするため、旅団(サークル)が鎬を削る冒険者時代。白魔道士ユーリは“軍資に一番近い旅団”と称される猛者五人のうちのひとりにして本の蒐集家だったが、迷宮の奥深くに封印されていた美女・クリスティーナの旅団参加によって、旅団の人間関係は滅茶苦茶になってしまう……!
[男4女1の旅団(サークル)]+[女1]=修羅場(クラッシュ)!?

……私のこと好きですよね? ですから、好きです


現代がモデルの作品なのかな、と思えば普通にファンタジー作品でした。
率直に感想を言わせてもらうと、「面白いんだけど、少し物足りない感」かな?
タイトルとイラストで惹かれてしまった私からすると、もっとハチャメチャで主人公が意地悪な感じだと思ってたんだけどなあ。実際は見た目相応の人物……。いや、最後のシーンは相当にえげつないけど。

読書時間:2時間程度
ページ数:296ページ
出版社:KADOKAWA

まあ、タイトルに紛うことなくサークルクラッシャーな女の子がパーティーに加入して、崩壊の一歩前までいってしまうお話。
設定はかなり良いと思うんだけど、やっぱり物足りないさが全面に出てると思うんだよね。
個性豊かすぎるメンバーも笑わせてくれるし、主人公であるユーリ君の童貞具合も割りと共感できるし。

そもそも、私がこの作品のタイトルを見て想像してたのが、
「既読スルー」という点を活かして、主人公がサークルクラッシャーの女の子を手玉に取る話……だと思ってたんですよね。
残念ながら、既読スルー云々は終盤に出てきただけで、全然既読スルーは関係ありませんでしたね……。
もう一つ言うならば、もっとエロさを全面に出してくれてもいいと思うんだけど……。挿絵のクリスティーナはエロくていいと思うから尚更そう思う。

ところで、ユーリ君の幼馴染であるエマがいい子だな、と思った。
主人公のことを理解してるし、何だかんだで話に付き合ってくれてるし、ユーリ君が唯一まともに話せる女の子みたいで。
この作品はクリスティーナがメインだとはわかってるけど、彼女の存在でエマをの方が恋しかった……。
続きがあれば、表紙をエマにしてほしい! 楽しみにしてますよ!

■総評

個人的評価:★★★☆☆

クリスティーナがもしも現実の人物だったならば、
普通に私も騙され、無駄に揉めていたんじゃないかな。知らんけど。
ユーリがクリスティーナを賭けた(別の目論見がある)決闘をした時に、
治癒取消という鬼畜魔法を詠唱したシーンは気に入ってる。

──ルシオンの右腕、肩から先が□□□□□ピーして、□□□□□ピーが剥き出しになった。
アハトは右肩から左の脇腹にかけて袈裟に傷が走り、□□□□□ピーが零れ出て□□□□□ピー
ケケなど両の眼球が□□□□□ピーして□□□□□ピーして□□□□□ピー。さらに後頭部が□□□□□ピー□□□□□ピーが覗き見えて□□□□□ピー──


■購入サイト

関連記事
ノラと皇女と野良猫ハート -Nora, Princess, and Stray Cat.- ダウンロード販売

関連タグ:感想

テーマ : ライトノベル ジャンル : 小説・文学

コメント

【ジャップ・エンド教は世界に光をあたえる】

我々ジャップ・エンド教は、アニメ・漫画・同性愛者を根絶し、美しき世界を創ろうとしている。美しき世界の創生を妨害する者には、聖なる裁きが下されるだろう。


1:アニメや漫画は秩序を乱す有害文化であり、すべてのキモオタは殺処分されなければならない。

2:女は子供を生むために存在している生物であり、男に犯されることは女の義務である。女という生物は本能的に『犯されたい』と思っているはずなのだ。

3:同性愛者のけがれた精神は、我々大韓民国人の聖なる精液によってのみ浄化される。同性愛者の女は我々に犯される義務がある。



          ≪ジャップ・エンド教≫
  • [2016/10/31 22:52]
  • URL |
  • ジャップ・エンド教
  • [ 編集 ]
  • TOP ↑

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)