RSS

緋弾のアリアXXVII(27) 那由多の弾奏/MF文庫J 感想 

カテゴリ:ライトノベル感想

緋弾のアリアXXVII 那由多の弾奏 (MF文庫J)
緋弾のアリアXXVII(27) 那由多の弾奏 (MF文庫J)

東京武偵高校、そこは武力を行使する探偵―通称『武偵』を育成する特殊な学校。強襲科の超エリートでSランクの最強武偵・アリアのパートナーに選ばれてしまった(普段は)ただの一般人・遠山キンジ。TBJの社長を退いたキンジは、新たな妹を名乗る少女・ジーフィフスと出会う。ジーフィフスはジーサードやかなめより進化を遂げた強力な『人間決戦兵器』らしいが、とても戦闘には向かない穏やかな心を持つ女の子だった。そこに魔の手を伸ばす、米軍をも巻き込んだ『N』の陰謀に―遠山五兄妹が総力戦で立ち向かう! 大スケールアクション&ラブコメディー第27弾!



ってなわけで、今回のお話は前回の続き……
キンジの家に「お兄ちゃん様」と呼び、妹を名乗る小学生が来たところから。
何とも既視感がある展開ですが、それは気の所為ではありません。
なぜなら、彼女は──ジーフィフス。金叉の血を引き継ぐ、Gシリーズ。5番目の兄妹だからです。

そして、帯には衝撃の内容が──ネモ提督、出陣! 




関連タグ:ライトノベル 緋弾のアリア 緋アリ 赤松中学 こぶいち キンジ MF文庫J 感想

テーマ : ライトノベル ジャンル : 小説・文学

りゅうおうのおしごと!/GA文庫 感想  

カテゴリ:ライトノベル感想

りゅうおうのおしごと! (GA文庫)
りゅうおうのおしごと! (GA文庫)

《TVアニメ化決定! 》
《このライトノベルがすごい! 2017・2018 文庫部門1位 2連覇! 》
《シリーズ累計100万部突破! 》
《第28回将棋ペンクラブ大賞優秀賞受賞! 》
《監修は関西若手プロ棋士集団「西遊棋」! 》
《朝日新聞書評欄掲載! 》


竜王(将棋界最高位)の家にやってきたのはJS(女子小学生)の押しかけ弟子だった!?

玄関を開けると、JSがいた――
「やくそくどおり、弟子にしてもらいにきました! 」
16歳にして将棋界の最強タイトル保持者『竜王』となった九頭竜八一の自宅に
押しかけてきたのは、小学三年生の雛鶴あい。きゅうさい。
「え? ……弟子? え?」
「……おぼえてません?」
憶えてなかったが始まってしまったJSとの同居生活。ストレートなあいの情熱に、
八一も失いかけていた熱いモノを取り戻していく――

『のうりん』の白鳥士郎最新作! 監修に関西若手棋士ユニット『西遊棋』を迎え
最強の布陣で贈るガチ将棋押しかけ内弟子コメディ、今世紀最強の熱さでこれより対局開始!!


アニメを見ての購入ですが、非常に面白かったので全巻購入しました。
原作は非常に熱く、涙なしに読むことが出来ないほどに濃厚なので是非。
もしも、まだ購入を渋っているなら1巻だけでも買ってみてはどうでしょうか?





関連タグ:ライトノベル りゅうおうのおしごと! りゅうおう 竜王 将棋 GA文庫 白鳥士郎 しらび 感想

テーマ : ライトノベル ジャンル : 小説・文学

ようこそ実力至上主義の教室へ7.5/MF文庫J 感想  

カテゴリ:ライトノベル感想

ようこそ実力至上主義の教室へ7.5 (MF文庫J)
ようこそ実力至上主義の教室へ7.5 (MF文庫J)

今回の表紙キャラは軽井沢恵ですね。

7.5巻と書かれていることから、番外編的な立ち位置かと思いきや……
驚くことに本編といっても差し支えない内容でした。伏線や新キャラが登場してきたので。
……これ、別に8巻でも良かったんじゃないの? まあ、内容的には7.5巻と言えなくもないけど。

というわけで、今回の主役は軽井沢恵です。
今まで以上に可愛い軽井沢の姿が見れるので、彼女が好きな方には最高の巻。
……かく言う私も常に「恵たそ可愛すぎか~?」とか思いながらニヤニヤが止まりませんでした。
くっ、坂柳派なのに……っ! 悔しい……!





関連タグ:ライトノベル ようこそ実力至上主義の教室へ よう実 衣笠彰梧 トモセシュンサク 軽井沢恵 MF文庫J 感想

テーマ : ライトノベル ジャンル : 小説・文学

ようこそ実力至上主義の教室へ7/MF文庫J 感想 

カテゴリ:ライトノベル感想

ようこそ実力至上主義の教室へ7 (MF文庫J)
ようこそ実力至上主義の教室へ7 (MF文庫J)

よう実の最新巻がめちゃくちゃ面白かったので、感想を書きます。
これまでの展開の進みの遅さからあんまり期待はしていなかったのですが……
これがまた面白いのなんの。俺たちはこういう展開を1巻の頃から待ってたんだ、と思わずにはいられない。
それぐらい7巻は面白かったです。衣笠作品のファンとしては最高でした。

というわけで、ここから先はネタバレ有りの感想になります。
各自、ブラウザバックやシャットダウンといった形で対策をお願いします。
……シャットダウンは冗談ですが。





関連タグ:ライトノベル ようこそ実力至上主義の教室へ よう実 MF文庫J 衣笠彰梧 トモセ_シュンサク 軽井沢 坂柳 龍園

テーマ : ライトノベル ジャンル : 小説・文学

遊者戦記 #君とリアルを取り戻すRPG(ダッシュエックス文庫DIGITAL) 感想 

カテゴリ:ライトノベル感想

遊者戦記 #君とリアルを取り戻すRPG

──これはゲームであって遊びである

- あらすじ -
人見知りだがそれを決して認めない“オンラインぼっち”ゲーマーのリオは、後輩・サクラに誘われ、あるゲームに参加する。それはSNSにばら撤かれた暗号を解き、現実世界に隠された“扉”に辿り着けた者だけがログインできる、世界初のVRRPGだった。ドラゴンやゴブリン、そして剣と魔法に彩られた“リアリティのありすぎる”大冒険に心躍らせるリオとサクラ。2人は溢れんばかりのゲーム愛とセンスで瞬く間にトッププレイヤーに登り詰めた。だが、夢中になって楽しむからこそ彼らは気づく。世界の真実に迫るとき、現実の未来はあまねく全てのゲーマーに託されることを。遊者が世界を変える!人類史上最大最高の実況プレイ開幕!!





関連タグ:遊者戦記_#君とリアルを取り戻すRPG ダッシュエックス文庫DIGITAL 紙城境介 40原

テーマ : ライトノベル ジャンル : 小説・文学

物理的に孤立している俺の高校生活/ガガガ文庫 感想 

カテゴリ:ライトノベル感想

物理的に孤立している俺の高校生活 (ガガガ文庫)

ぼっち×異能 

学校で孤立している少年が同じく孤独な少女と出逢い友達を作るために部活を……。
という、どこかで見たような話でありながら、異能という新しいジャンルを突っ込んだ作品。

そんな新感覚青春ライトノベル。




関連タグ:物理的に孤立している俺の高校生活 ガガガ文庫 森田季節 感想

テーマ : ライトノベル ジャンル : 小説・文学

君と四度目の学園祭/スニーカー文庫 感想 

カテゴリ:ライトノベル感想

君と四度目の学園祭 (角川スニーカー文庫)

このままの
関係が
続けばいい。


そう思ってた──。



関連タグ:恋愛 ファンタジー スニーカー文庫 天音マサキ やすも

テーマ : ライトノベル ジャンル : 小説・文学

新約 とある魔術の禁書目録 感想 

カテゴリ:ライトノベル感想

新約 とある魔術の禁書目録 (電撃文庫)

第三次世界大戦は、上条当麻の活躍によって終結した。

上条当麻が不在の世界、それでも世界は回る。
そして、そこには救われた者たちの安らかな日々があった。

──その平和で安穏な日々は、凶悪な 『新入生』 が、彼らの前に現れることで幕を上げた。




関連タグ:とある魔術の禁書目録 電撃文庫 鎌池和馬 はいむらきよたか

テーマ : ライトノベル ジャンル : 小説・文学

サークルクラッシャーのあの娘、ぼくが既読スルー決めたらどんな顔するだろう 感想 

カテゴリ:ライトノベル感想

サークルクラッシャーのあの娘、ぼくが既読スルー決めたらどんな顔するだろう (角川スニーカー文庫)
サークルクラッシャーのあの娘、ぼくが既読スルー決めたらどんな顔するだろう

[男4人女1人の旅団(サークル)]+[サークルクラッシャー1人]=!?

“巌窟王(ダンジョンマスター)”によって隠された莫大な財宝・七氏族軍資を横取りするため、旅団(サークル)が鎬を削る冒険者時代。白魔道士ユーリは“軍資に一番近い旅団”と称される猛者五人のうちのひとりにして本の蒐集家だったが、迷宮の奥深くに封印されていた美女・クリスティーナの旅団参加によって、旅団の人間関係は滅茶苦茶になってしまう……!
[男4女1の旅団(サークル)]+[女1]=修羅場(クラッシュ)!?

……私のこと好きですよね? ですから、好きです


現代がモデルの作品なのかな、と思えば普通にファンタジー作品でした。
率直に感想を言わせてもらうと、「面白いんだけど、少し物足りない感」かな?
タイトルとイラストで惹かれてしまった私からすると、もっとハチャメチャで主人公が意地悪な感じだと思ってたんだけどなあ。実際は見た目相応の人物……。いや、最後のシーンは相当にえげつないけど。

読書時間:2時間程度
ページ数:296ページ
出版社:KADOKAWA




関連タグ:感想

テーマ : ライトノベル ジャンル : 小説・文学

弱キャラ友崎くん Lv.1 感想 

カテゴリ:ライトノベル感想

弱キャラ友崎くん Lv.1 (ガガガ文庫)
弱キャラ友崎くん Lv.1 (ガガガ文庫)

「弱キャラ男子高生の這い上がり」×「リアル女子高生たちの悩み」

これが人生(クソゲー)攻略の最前線!

人生はクソゲー。このありふれたフレーズは、残念ながら真実だ。

だって、人生には美しくシンプルなルールがない。あるのは理不尽と不平等だけ。自由度が高いなんてのは強者の言い分で、弱者には圧倒的に不利な仕様でしかない。

だから、クソゲー。
あまたのゲームに触れ、それらを極めてきた日本屈指のゲーマーである俺が言うんだから間違いない。

――だけどそいつは、俺と同じくらいゲームを極めてなお、「人生は神ゲー」と言いきった。

生まれついての強キャラ、学園のパーフェクトヒロインこと日南葵
しかも、「この人生(ゲーム)のルールを教えてあげる」だって?

……普通は、そんなの信じない。
だけど日南葵は、普通なんて枠にはまったく嵌まらないやつだったんだ!

第10回小学館ライトノベル大賞優秀賞受賞作。弱キャラが挑む人生攻略論ただし美少女指南つき!


弱キャラ男子高生の這い上がり」×「リアル女子高生たちの悩み

人生をゲームに例え、人生という名のゲームでも高みを目指していくお話。
購入したきっかけはイラストタイトルで手に取りました。
帯が金色だった。という小学生的感性で手にとったのは秘密ということにしてください。

読んだ感想を簡単に言うと「すげー面白かった」です

読書時間:2時間程度
ページ数:337ページ
出版社:小学館(ガガガ文庫)



関連タグ:弱キャラ友崎くん 感想

テーマ : ライトノベル ジャンル : 小説・文学