RSS

ランス10プレイ進捗・・・ 

カテゴリ:ランス10

2018年2月23日に発売されたランス10を頑張って攻略中です。
まだ一周目の終わりすら見えていない段階ですが、なかなかに面白くて満足。
がはは、グッドだー! 的な感じで楽しんでます。

というか、内容濃すぎないかしらん?
シリーズ集大成とはいえ、シナリオなどが膨大すぎる気がする……
これ、普通に完クリするまでに一月や二月くらいは余裕で消費しそう。
その方がやり甲斐があるからいいんだけどねー。はやくエンディング見たいよー。

そんなわけで、一周目をクリアしましたら更新します。

あ、ちなみに一周目では既に自由都市が陥落しました。
うわあ、やっちまったなあ……とは思ったけど、これやり直すのはしんどいわけで。
しかも今作は周回前提でのクリアが普通らしいので、初週は適当にやります。


ランス10
ランス10
posted with amazlet at 18.02.25
アリスソフト (2018-02-23)





関連タグ:エロゲ 感想 ランス10 ランスシリーズ 攻略

テーマ : 美少女ゲーム ジャンル : ゲーム

フユウソ - Snow World End -|Campus 感想 

カテゴリ:エロゲ

フユウソ - Snow World End -

フユウソ - Snow World End -


──この嘘を、終わらせましょう、共に

Campusより発売の「フユウソ - Snow World End -
発売日は2017年7月28日

ウソシリーズとは?


本作、「アキウソ - The only neat thing to do -」は「ウソシリーズ」の最終章。
ウソシリーズは「ハルウソ」、「ナツウソ」、「アキウソ」、「フユウソ」の四作品で構成されるシリーズ。
世界観から登場人物まで全て共通していますが、各作品ごとに攻略できるヒロインが異なります。

本作「フユウソ - Snow World End -」は冬編のヒロインである帝堂雪華に焦点を当てたストーリー。
そして、主人公は「声を聞くことによって、その人がウソをついているか分かる」といった特殊能力を持っている。
なので、、ヒロインたちがウソをついている場合には、『ウソの部分が赤文字で表示される』といったシステムが実装されています。
そのため、エッチシーンにおいてもヒロインの感情を余すことなく堪能することができます。

ウソシリーズは基本的に独立したストーリーであり、どの作品からプレイしても問題はない。
ということになっているが、個人的に言わせてもらえば……ハルウソから順番にプレイすることをオススメします。
そして、フユウソは最終章に相応しい内容となっているため、プレイする前に「ハルウソ」、「ナツウソ」、「アキウソ」のプレイを推奨します。

ハルウソの感想はこちら
ナツウソの感想はこちら
アキウソの感想はこちら
フユウソの感想はこちら



関連タグ:エロゲ 感想 フユウソ Campus フルウソ ウソシリーズ

テーマ : 美少女ゲーム ジャンル : ゲーム

アキウソ - The only neat thing to do - |Campus 感想 

カテゴリ:エロゲ

アキウソ -The only neat thing to do-

アキウソ - The only neat thing to do -


忘れない。交わした約束も、過ごした時間も、その 嘘 ネガイ も。

Campusより発売の「アキウソ - The only neat thing to do -
発売日は2016年11月25日

ウソシリーズとは?


本作、「アキウソ - The only neat thing to do -」は「ウソシリーズ」の一つ。
ウソシリーズは「ハルウソ」、「ナツウソ」、「アキウソ」、「フユウソ」の四作品で構成されるシリーズ。
世界観から登場人物は全て共通していますが、各作品ごとに攻略できるヒロインが異なります。

本作「アキウソ - The only neat thing to do -」は秋編のヒロインであるエリス・F・カートレットに焦点を当てたストーリー。
そして、主人公は「声を聞くことによって、その人がウソをついているか分かる」といった特殊能力を持っている。
なので、、ヒロインたちがウソをついている場合には、『ウソの部分が赤文字で表示される』といったシステムが実装されています。
そのため、エッチシーンにおいてもヒロインの感情を余すことなく堪能することができます。

ウソシリーズは基本的に独立したストーリーであり、どの作品からプレイしても問題はない。
ということになっているが、個人的に言わせてもらえば……ハルウソから順番にプレイすることをオススメします。

ハルウソの感想はこちら
ナツウソの感想はこちら
アキウソの感想はこちら
フユウソの感想はこちら



関連タグ:エロゲ 感想 アキウソ Campus フルウソ ウソシリーズ

テーマ : 美少女ゲーム ジャンル : ゲーム

ナツウソ - Ahead of the reminiscence -|Campus 感想 

カテゴリ:エロゲ

ナツウソ -Ahead of the reminiscence-

ナツウソ- Ahead of the reminiscence -


それは、自分を否定するための嘘──
あなたは──永遠の嘘を誓えますか

Campusより発売の「ナツウソ-Ahead of the reminiscence-
発売日は2016年4月22日

ウソシリーズとは?


本作、「ナツウソ- Ahead of the reminiscence -」は「ウソシリーズ」の一つ。
ウソシリーズは「ハルウソ」、「ナツウソ」、「アキウソ」、「フユウソ」の四作品で構成されるシリーズ。
世界観から登場人物は全て共通していますが、各作品ごとに攻略できるヒロインが異なります。

本作「ナツウソ- Ahead of the reminiscence -」は夏編のヒロインである和泉葵に焦点を当てたストーリー。
そして、主人公は「声を聞くことによって、その人がウソをついているか分かる」といった特殊能力を持っている。
なので、、ヒロインたちがウソをついている場合には、『ウソの部分が赤文字で表示される』といったシステムが実装されています。
そのため、エッチシーンにおいてもヒロインの感情を余すことなく堪能することができます。

ウソシリーズは基本的に独立したストーリーであり、どの作品からプレイしても問題はない。
ということになっているが、個人的に言わせてもらえば……ハルウソから順番にプレイすることをオススメします。

ハルウソの感想はこちら
ナツウソの感想はこちら
アキウソの感想はこちら
フユウソの感想はこちら




関連タグ:エロゲ 感想 ナツウソ Campus フルウソ ウソシリーズ

テーマ : 美少女ゲーム ジャンル : ゲーム

ハルウソ - Passing Memories -|Campus 感想 

カテゴリ:エロゲ

ハルウソ-Passing Memories-

ハルウソ-Passing Memories-


それは、自分を守るための嘘──

Campusより発売の「ハルウソ-Passing Memories-
発売日は2015年11月27日

ウソシリーズとは?


本作、「ハルウソ-Passing Memories-」は「ウソシリーズ」の一つ。
ウソシリーズは「ハルウソ」、「ナツウソ」、「アキウソ」、「フユウソ」の四作品で構成されるシリーズ。
世界観から登場人物は全て共通していますが、各作品ごとに攻略できるヒロインが異なります。

本作「ハルウソ-Passing Memories-」は春編のヒロインである姫野桜月が攻略対象キャラクター。
そして、主人公は「声を聞くことによって、その人がウソをついているか分かる」といった特殊能力を持っています。
なので、、ヒロインたちがウソをついている場合には、『ウソの部分が赤文字で表示される』といったシステムが実装されています。
そのため、エッチシーンにおいてもヒロインの感情を余すことなく堪能することができるのです。

ハルウソの感想はこちら
ナツウソの感想はこちら
アキウソの感想はこちら
フユウソの感想はこちら




関連タグ:エロゲ 感想 ハルウソ Campus フルウソ ウソシリーズ

テーマ : 美少女ゲーム ジャンル : ゲーム

リベリオンズ Secret Game 2nd Stage BOOSTED EDITION|FLAT 感想 

カテゴリ:エロゲ

リベリオンズ Secret Game 2nd Stage BOOSTED EDITION

リベリオンズ Secret Game 2nd Stage BOOSTED EDITION


FLATより発売の「リベリオンズ Secret Game 2nd Stage BOOSTED EDITION
発売日は2013年9月27日

本作、リベリオンズは「シークレットゲーム CODE:Revise」のリメイク作品、
そのPSP版である「リベリオンズ Secret Game 2nd Stage」の逆移植版となっております。
作品の立ち位置的には同人ゲーム「キラークイーン」の続編ですが、登場人物は異なっているため、
必ずしも前作をプレイしなければダメというわけではないので安心してください。

現在、DMMにて2018年3月2日まで半額セール中! 
【DMMセール】寒い冬をエロゲで乗り切れ!ラストウィンターセール
シークレットゲーム 究極完全合体BOX|FLAT
リベリオンズ Secret Game 2nd Stage BOOSTED EDITION|FLAT



関連タグ:エロゲ 感想 リベリオンズ シークレットゲーム FLAT

テーマ : 美少女ゲーム ジャンル : ゲーム

【体験版】少女グラフィティ|pure more 感想 

カテゴリ:エロゲ

【体験版】少女グラフィティ|pure more 

少女グラフィティ(体験版)

pure more より2018年3月23日発売予定の「少女グラフィティ

少女アクティビティ少女マイノリティ、と続く少女シリーズ第三弾
前々作や前作と同様に「セックス」を一つのテーマとしており、ストーリーもグラフィックにもエロさが追求されている作品。


七夕の日、花火大会で今は亡き彼女のことを想っていた主人公。
そんな主人公──北山諒だったが、偶然出会ったクラスメイトの女の子とセックスをしてしまう。
彼女の名前は国見佐彩。学年一位の成績をキープし続ける優等生……

それから、一ヶ月が経ち──二人の暮らす街で一つの事件が起こった。
街の至る所で人知れず間に描かれるグラフィティ(エアロゾールアート)
その場所は、諒の彼女が死んだ因縁の地。二人は犯人の目的を調べていくことに──




関連タグ:エロゲ 新作情報 体験版 感想 少女グラフィティ 少女シリーズ pure_more

テーマ : 美少女ゲーム ジャンル : ゲーム

【体験版】ひとつ屋根の、ツバサの下で|Harmorise 感想 

カテゴリ:エロゲ

【体験版】ひとつ屋根の、ツバサの下で

ひとつ屋根の、ツバサの下で(体験版)

Harmoriseより2018年2月23日発売予定の「ひとつの屋根の、ツバサの下で
ゲームジャンル:ひとつ屋根の下の恋愛空戦ADV

フェアリー・ファイト》、通称”FF”と呼ばれる架空のスポーツをテーマにした作品。
主人公は伝説的な選手の孫で、ひょんなことから祖母の愛機「震電」を渡され、"FF"が盛んな「翔鴎学園」へとやってくる。
下宿先にて、様々な女の子たちと出会い、主人公は"FF"の大会に出ることに──





関連タグ:エロゲ 新作情報 体験版 感想 ひとつ屋根の、ツバサの下で Harmorise

テーマ : 美少女ゲーム ジャンル : ゲーム

緋弾のアリアXXVII(27) 那由多の弾奏/MF文庫J 感想 

カテゴリ:ライトノベル感想

緋弾のアリアXXVII 那由多の弾奏 (MF文庫J)
緋弾のアリアXXVII(27) 那由多の弾奏 (MF文庫J)

東京武偵高校、そこは武力を行使する探偵―通称『武偵』を育成する特殊な学校。強襲科の超エリートでSランクの最強武偵・アリアのパートナーに選ばれてしまった(普段は)ただの一般人・遠山キンジ。TBJの社長を退いたキンジは、新たな妹を名乗る少女・ジーフィフスと出会う。ジーフィフスはジーサードやかなめより進化を遂げた強力な『人間決戦兵器』らしいが、とても戦闘には向かない穏やかな心を持つ女の子だった。そこに魔の手を伸ばす、米軍をも巻き込んだ『N』の陰謀に―遠山五兄妹が総力戦で立ち向かう! 大スケールアクション&ラブコメディー第27弾!



ってなわけで、今回のお話は前回の続き……
キンジの家に「お兄ちゃん様」と呼び、妹を名乗る小学生が来たところから。
何とも既視感がある展開ですが、それは気の所為ではありません。
なぜなら、彼女は──ジーフィフス。金叉の血を引き継ぐ、Gシリーズ。5番目の兄妹だからです。

そして、帯には衝撃の内容が──ネモ提督、出陣! 




関連タグ:ライトノベル 緋弾のアリア 緋アリ 赤松中学 こぶいち キンジ MF文庫J 感想

テーマ : ライトノベル ジャンル : 小説・文学

りゅうおうのおしごと!/GA文庫 感想  

カテゴリ:ライトノベル感想

りゅうおうのおしごと! (GA文庫)
りゅうおうのおしごと! (GA文庫)

《TVアニメ化決定! 》
《このライトノベルがすごい! 2017・2018 文庫部門1位 2連覇! 》
《シリーズ累計100万部突破! 》
《第28回将棋ペンクラブ大賞優秀賞受賞! 》
《監修は関西若手プロ棋士集団「西遊棋」! 》
《朝日新聞書評欄掲載! 》


竜王(将棋界最高位)の家にやってきたのはJS(女子小学生)の押しかけ弟子だった!?

玄関を開けると、JSがいた――
「やくそくどおり、弟子にしてもらいにきました! 」
16歳にして将棋界の最強タイトル保持者『竜王』となった九頭竜八一の自宅に
押しかけてきたのは、小学三年生の雛鶴あい。きゅうさい。
「え? ……弟子? え?」
「……おぼえてません?」
憶えてなかったが始まってしまったJSとの同居生活。ストレートなあいの情熱に、
八一も失いかけていた熱いモノを取り戻していく――

『のうりん』の白鳥士郎最新作! 監修に関西若手棋士ユニット『西遊棋』を迎え
最強の布陣で贈るガチ将棋押しかけ内弟子コメディ、今世紀最強の熱さでこれより対局開始!!


アニメを見ての購入ですが、非常に面白かったので全巻購入しました。
原作は非常に熱く、涙なしに読むことが出来ないほどに濃厚なので是非。
もしも、まだ購入を渋っているなら1巻だけでも買ってみてはどうでしょうか?





関連タグ:ライトノベル りゅうおうのおしごと! りゅうおう 竜王 将棋 GA文庫 白鳥士郎 しらび 感想

テーマ : ライトノベル ジャンル : 小説・文学